大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査のイメージ

正式名称は、大腸内視鏡あるいは下部消化管内視鏡ですが、一般的には大腸カメラと呼ばれています。胃カメラと同様に細長いスコープの先端に小型CCD、照明、物を挟む鉗子や切除したものを取り込む吸引(鉗子)口、空気や水を送るノズルなどが搭載されています。

大腸カメラの検査では、直径1cm程度のスコープを肛門から挿入していき、直腸や結腸といった大腸の内部の様子を観察するという内容になります。例えば、内視鏡のCCDが捉えた映像はモニタを通じてリアルタイムで医師が確認していきます。またその際にがんなどの病変が疑われるのであれば、速やかに一部の組織を採取し、顕微鏡で詳細を調べていく生検(病理検査)を行うこともあるほか、検査中にポリープを発見した場合も可能であれば、その場で切除していくこともできます。

当院では富士フイルムの先進技術を搭載した内視鏡システムを採用しています。
特殊光での観察モード(BLI・LCIモード)では、炎症の診断や微細な病変を拾い上げることが可能です。

当院の内視鏡カメラについて

以下のような症状があれば下部消化管内視鏡(大腸カメラ)の検査をおすすめします

  • 便潜血検査で陽性の判定を受けた
  • 排便時に出血(または黒色便)を確認した
  • 下痢や便秘で悩んでいる
  • 便が細く、残便感がある
  • 40歳以上の方(40代から年齢が高くなるにつれて大腸がんの発症率が上がる)など

苦痛をできるだけ軽減します

下部消化管内視鏡による検査では、肛門から逆流していく形で内視鏡(スコープ)を挿入していきます。その際に空気も一緒に入っていくようになります。これが検査中にお腹のハリや腹痛を訴える原因になるわけですが、このような症状をなるべく軽減できるよう当院では、内視鏡挿入時に空気ではなく炭酸ガス(CO2)を送気していきます。この炭酸ガスというのは、粘膜に吸収されやすいという特徴があります。そのため送気を止めることで、腹部のハリなどの症状は改善されるようになります。
また当院では、苦痛の少ない検査となるよう、鎮静剤にもこだわっています。体に残りにくく覚醒しやすい一方で、痛みを感じにくくする効果もしっかりある鎮静剤を使用しますので、体に負担をかけずに内視鏡検査を受けていただけます。

大腸カメラ検査(下部消化管内視鏡検査)の流れ

1. 日時の予約
大腸カメラによる検査を希望される場合、事前に外来にて診察をします。その際に常用薬があるという方は、おくすり手帳をご持参ください。一通り診察を終え(必要があれば血液検査をすることがあります)、問題がなければ同検査の日時を予約します。
診察予約はWEB予約・もしくはお電話にて承ります。
WEB予約
2. 検査前日
事前に説明した通りの食事をとるようにしてください。
3. 検査当日
起床後は、食事をとらないようにし、絶食の状態を維持します。水やお茶についての制限はありません。検査には様々な薬を使用することがありますので、ご自身の運転(車、バイク、自転車 など)によるご来院は控えてください。
下剤はご自宅で飲んでいただきます。コップ一杯程度の腸管洗浄液を10~15分程度、時間をかけてゆっくり飲んでいきます。便は1時間ほどで出てきて排便を繰り返しますが、服用から2時間程度たちますと、便が透明の状態になり落ち着いてまいります。便意が落ち着きましたら、ご来院いただき問診を行った後、検査衣に着替えます。
当日は脱ぎ着のしやすい締め付けの少ない服装でご来院ください。
4. 検査開始
検査直前に鎮静剤を投与し、内視鏡を肛門から挿入していきます。これといった異常がなければ観察のみなので15分程度で終了します。なお、がんなどの病変が疑われる場合は一部組織を採取して顕微鏡で詳細を調べる生検(病理検査)や、発見したポリープをその場で切除することもあります。これらを行う際は、さらに時間を要することになります。
5. 検査終了
検査終了後は、院内にてお休みいただきます。その後、検査時に撮影した画像を医師と一緒に確認しながら、説明を受けます。特に問題なければ検査時間はトータル1時間程度となります。ポリープ切除・組織採取をしている場合には後日再診での結果となります(希望があれば、再診せずに郵送での結果説明も可能です。追加治療が必要な場合には当院よりご連絡さしあげます)。

検査後の注意点

大腸カメラは、検査終了後もいくつか注意点があります。事前にも説明を受けますが、内容としては以下のようなものです。

  • 観察のみであれば食事は普通でかまいません。組織検査(生検)をした場合は当日のみ、お酒や刺激物の食品は控えます。
  • お腹にハリが残っているという場合、ベッドに横になって体の向きを様々に変えていき、ガスを体外へ出していくようにしてください。
  • ポリープを切除した場合は、切除した部位からの出血を防ぐため、食事、入浴、運動について数日程度は制限があります(詳細は、医師から説明があります)。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)の費用

※1割負担の方は、上記約3分の1となります。
※状況により多少異なる場合がございます。
健康保険
3割負担の場合
初再診料(採血・レントゲン(必要時)) 2,500~4,000円
大腸内視鏡検査のみ 約5,000円
病理細胞検査(追加費用)
(個数・部位によって異なります)
5,000~12,000円
合計 7,500~18,000円
大腸ポリープ・早期大腸がん切除
(日帰り手術)
20,000~30,000円