胃カメラ検査とは

胃カメラ検査のイメージ

一般的には胃カメラと呼ばれる検査の正式な名称は上部消化管内視鏡です。この検査機器の細長いスコープの先端には、超小型CCD、照明、対物レンズ、空気や水を送り込むノズル、物をつかむなどする鉗子などが搭載されています。

検査時は、この細長いスコープを被験者(検査を受けられる方)の口および鼻から挿入し、医師が上部消化管内視鏡の操作部でハンドリングしながら、食道、胃、十二指腸の内部を観察していきます。なお内視鏡のCCDが捉えた映像は、モニタを通してリアルタイムで、その様子を確認することができます。なお観察時に炎症やがんなど病変が疑われる組織があれば、その一部を採取して、顕微鏡で詳細を調べる生検(病理検査)を行うこともあります。

当院では富士フイルムの先進技術を搭載した内視鏡システムを採用しています。
特殊光での観察モード(BLI・LCIモード)では、炎症の診断や微細な病変を拾い上げることが可能です。

当院の内視鏡カメラについて

以下のような症状があれば上部消化管内視鏡(胃カメラ)の検査をおすすめします

  • 喉につかえ感がある
  • 吐き気、胸やけ、胃に不快感がある
  • バリウム検査で精密な検査が必要と言われた
  • ピロリ菌の感染が疑われる
  • 親族に胃がんに罹った人がいる
  • 黒色の便が出た
  • 40歳を過ぎたが一度も胃の検診をしたことがない など

苦痛の少ない検査に努めます

上部消化管内視鏡(胃カメラ)の検査には、鼻から挿入するタイプ(経鼻内視鏡)と口から挿入するタイプ(経口内視鏡)の2つのタイプがありますが、当院では基本は鎮静下での経口内視鏡を推奨しております。
また当院では、苦痛の少ない検査となるよう、鎮静剤等にもこだわっています。
体に残りにくく覚醒しやすい一方で、痛みを感じにくくする効果もしっかりある鎮静剤を使用しますので、体に負担をかけずに内視鏡検査を受けていただけます。また粘膜から吸収されやすい炭酸ガス(CO2)を使用することで、検査時の苦痛を軽減します。

経鼻内視鏡について

経鼻内視鏡は左右どちらかの鼻腔から内視鏡のスコープを挿入していくので、スコープの径自体も5~6mmと細い仕様になっています。この場合、舌の根にスコープが触れることはないので、吐反射(えずくなど)は出にくいことから検査中に苦しい思いをすることは少ないです。また検査時は口呼吸になりますので、違和感や質問があれば、その場で医師に話しかけることもできます。なお経口内視鏡と比較すると径が細いことから画質を心配される方もいるかもしれませんが、現在はそれほど遜色のない機器も開発されてきています。

ちなみに経鼻内視鏡を希望されても、鼻に何らかの疾患(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔湾曲症 など)がある、鼻腔が元々狭い、鼻に違和感があるのが苦手という場合は、経口内視鏡による検査をおすすめします。

経口内視鏡について

経口内視鏡は、従来からあるタイプの検査機器で、口から内視鏡を挿入していきます。そのため舌の根にスコープが触れることになるので、検査中は嘔吐反射がみられ、苦しくなっていきます。このような状態をできるだけ軽減できるよう、当院では鎮静剤を使用していきます。当院では体に残りにくく覚醒しやすい鎮静剤を使用しています。痛みを感じにくくする効果もしっかりあり、体に負担をかけずにほとんど苦痛なく内視鏡検査を受けていただけます。経口内視鏡の利点としては、スコープの径が約10mmと太いことから、より鮮明な画質で食道、胃、十二指腸の内部の様子を確認することができます。このほかにも生検・色素散布や拡大観察での精査も可能です。
なお鎮静剤を使う場合は、検査当日はご自身の運転(車、バイク、自転車など)による来院は控えてください。

胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)の流れ

1. 日時の予約
当院では胃カメラは初診当日検査可能です。検査前に診察がありその後、検査となります。そのため、検査前日は21時以降絶食でお越しください。
検査予約はWEB予約・もしくはお電話にて承ります。
必要があれば感染症の有無を調べるために血液検査行うことがあります。常用薬(抗凝固剤、経口血糖降下薬、降圧剤 など)のある方は事前にお申し出ください。

火曜日夜診に胃カメラ検査(完全予約制)を行っています。
※ご希望の方はお電話かWEB予約で予約をお取りください。
※当日の16:30まで検査予約が可能です。
※検査日の昼食はお控えください。(朝9時からの絶食が目安です)

WEB予約
2. 検査前日
夕食はできるだけ消化の良いものにし、遅くとも21時までに済ませます。水やお茶については、制限はありません。服薬については医師の指示に従ってください。
3. 検査当日朝
起床後は検査が終了するまで絶食となります(火曜日の夜診療での検査の場合は朝9時以降は絶食)。水やお茶は少量であれば問題ありません。検査には様々な薬を使用することがありますので、ご自身の運転(車、バイク、自転車 など)によるご来院は控えてください。
4. 検査時の流れ(準備段階)
検査前に、検査に必要な問診や血圧測定を行い、胃内の泡を除去するための消泡剤を飲みます。
5. 検査時の流れ(検査の開始~終了まで)
検査台に横になったら検査開始となり、鎮静剤投与後はほぼ意識のない状態で検査が進みます。医師が必要と判断すれば、一部組織を採取し、病理検査(生検)を行います。食道、胃、十二指腸など一通り観察を終えたら終了です。検査時間については、観察のみであれば10分程度です。
6. 検査終了
検査終了後ですが、30分程度は院内にてお休みください。その後、検査時に撮影した画像を医師と一緒に確認しながら、具体的な説明を受けます。特に問題なければ検査時間はトータル1時間弱で終了します。
組織採取をしている場合には後日再診での結果となります(希望があれば、再診せずに郵送での結果説明も可能です。治療が必要な場合には当院よりご連絡さしあげます)。

検査後の注意点

検査を終えても注意点はいくつかあります。事前に説明も受けますが、内容としては以下のようなものになります。

  • 検査後の飲食は、検査終了後からすぐに可能となります。
  • 経鼻内視鏡で検査をされた方は、しばらくの間は強く鼻をかまないようにします。
  • 検査を終えた日から数日(2~3日程度)は、辛いものなど刺激の強い食べ物やアルコールは避け、なるべく消化の良い食べ物にします。
  • 上部消化管内視鏡(胃カメラ)での検査時は、胃を膨らませる際、粘膜から吸収されやすい炭酸ガス(CO2)を使用し、検査時の苦痛を軽減します。

胃カメラ(胃内視鏡検査)の費用

※1割負担の方は、上記約3分の1となります。
※状況により多少異なる場合がございます。
健康保険
3割負担の場合
初再診料(採血(必要時)) 2,000~3,500円
胃内視鏡検査のみ 約4,000円
病理細胞検査(追加費用) 5,000円
合計 6,000~12,500円